乾燥肌は「クレンジングを使い分ける」これがスキンケアのポイント

スキンケア

,#乾燥肌は「クレンジングを使い分ける」これがスキンケアのポイント
乾燥肌は「クレンジングを使い分ける」これがスキンケアのポイント

オフィスには化粧崩れをしないように濃いリキッドのアイラインやコンシーラー、休日はBBクリームにグロスのみ等のナチュラルメイク。
生活シーンによって化粧の仕方にも違いがありますね。
ホットクレンジングなど新しい商品が続々と登場しているメイク落とし。
ちゃんと使い分けていますか?
「メイクは落とす」がスキンケアの基本。
でも、間違ったメイク落とし選びをしていると、肌の乾燥やクスミなどの原因に繋がります。
汚れには「油性よごれ」と「水性よごれ」の2種類あります。
メイクは水では落ちない「油性」の汚れ。
濃いメイクになるほど、油性汚れをしっかり落とす「界面活性剤」の力が必要。
ガッチリ肌に貼りついて「崩れない」タイプのメイク落としには高い洗浄力が不可欠。
界面活性剤が多いオイルタイプのクレンジング剤はマットタイプの口紅やファンデーションなど、毛穴まで入り込んだ化粧品も落とします。
一方、洗浄力の高さが肌へ大きな負担をかけます。毎日、オイルタイプのクレンジング剤ばかり使用していると、乾燥肌に拍車がかかることも。
肌が敏感になっている季節の変わり目などは特に注意して下さいね。
界面活性剤が比較的、少ないジェル、クリーム、乳液タイプのクレンジング剤。
例えばジェルタイプで話題の「ホットクレンジング」。
目元の濃いメイクは落ちにくいというクチコミがありますが、「皮脂を落としすぎず肌の潤いには満足度が高い」というように、オイルタイプより洗浄力は劣りますが肌への負担も軽いのが特徴。
ミルクタイプ等のクレンジングの後、洗顔をきっちりおこなえば大丈夫です。
疲れて帰宅した夜など「拭くだけ」の手軽さが嬉しい「拭きとりメイク落とし」。
残念ながら、どんなに優しいコットンを使用していても「肌をこする」この方法。
潤い成分を配合している商品もありますが、決して肌に良いとは言えません。
美肌づくりに「肌を擦る」は絶対NGです。
アルコール配合タイプも多く、一瞬、肌に潤いを感じても乾燥がすすむものも!
唇は肌よりもデリケートな粘膜。「やさしく」、軽くプッシュしてコットンに色を移すように使うのがベター。
「クレンジングは1種類だけ」という女性は、以上の点から数種類のクレンジング剤を用意したいですね。
アイメイクは濃い目だ

コメント