「ラップパック」で顔パックの保湿効果が数倍アップ!潤肌スキンケア

スキンケア

,#「ラップパック」で顔パックの保湿効果が数倍アップ!潤肌スキンケア
「ラップパック」で顔パックの保湿効果が数倍アップ!潤肌スキンケア

小じわやほうれい線、くすみ対策に欠かせない肌の乾燥対策や美白効果がある「顔パック」には、塗ってはがすタイプや洗い流すタイプなど種類もたくさん揃い、中でも人気なのは「シートパック」です。「シートマスク」とも呼ばれ、100円前後でコンビニやドラッグストアでも買うことができるシートパックは、手頃なスキンケアアイテムとして愛用している女性も多いですね。
美容成分は韓国コスメから人気に火がついた「カタツムリ」や「ヘビ毒」など『肌へつけても本当に大丈夫?』と感じるものから、「真珠」「プラチナ」「プラセンタ」「コラーゲン」など、じんわり肌の奥まで浸み込ませたくなるものまであります。
潤い美容成分を含んだシートパックを肌にのせていると、ぐんぐんキレイになれるような気がしますね。
しかし、顔をパックするときには「乾燥」に気をつけましょう。
肌を潤すためのフェイスパックも、使い方を間違えると肌の乾燥を招く原因になります。有名モデルや女優も効果を実感している「ラップパック」は、乾燥するのを防ぐばかりでなく、潤い効果もパワーアップさせてくれる美容効果バツグンの方法です。
ローションパックなどのシートを使うフェイスパックをした後に、顔がカピカピに乾燥してしまった経験がありませんか?肌を潤すための保湿パックなのにガッカリしますよね。
美白や潤いなどの美容成分が含まれる化粧水成分のほとんどは「水」です。化粧水をつけたあとにクリームで油分を補給しないと乾燥してしまうように、水は放っておくと乾燥し、長時間、肌にのせたままでいると、もともと肌がもっている水分までも奪ってしまいます。それは、パックも同じです。
根強い人気の高純度の水である「精製水」と化粧水を混ぜ合わせたローションパックも大流行しましたが、有名な美容研究家の方々は「ローションパックは3~5分以内が鉄則」と口を揃えていますね。
その理由は『水」を含んだローションは蒸発するので、短時間で行なわないと乾燥を招きますよ』ということなのです。
シートタイプで顔パックをする際に、あるアイテムを使うことで水分の蒸発は簡単に防ぐことができます。それは、どこの家にも必ず置いてある「ラップ」。
ラップなら自宅ですぐに効果を試すことができますね。
呼吸を妨げないように、顔を覆えるサイズにカットしたラップの「目・鼻・口」にあたる部分に切

コメント